砂糖をはちみつで代用すると何かデメリットはあるのか?

砂糖をはちみつで代用したいけどデメリットはあるのか?と考えている人は多いです。
しかし、そもそも論ですが、なぜ砂糖をやめたいのか?なぜはちみつにしたいのか?

この点を自問する人は、少ないように思います。

というわけで、本記事のテーマは、下記のとおりです。

砂糖をはちみつで代用すると何かデメリットはあるのか?

上記テーマを分かりやすくしていくために、下記の疑問に答えていきます。

  • 砂糖をはちみつで代用する必要はあるの?
  • 砂糖をはちみつで代用するメリットは?
  • 砂糖をはちみつで代用するデメリットは?
  • 砂糖をはちみつで代用したダイエット効果は?
  • 砂糖をはちみつで代用する実践例は?
  • どんなはちみつが良いの?

本記事では「砂糖をはちみつで代用したいけど、ダイエットに効果がるのか分からないよ…教えて!」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで、「砂糖をはちみつで代用する必要性とそのメリット、デメリット及びダイエット効果」までをイメージできるようになると思います。

「食後に砂糖の入った甘いお菓子が食べたいな~」と感じていた私を救ってくれたのがはちみつです。

控えめに言って、はちみつで人生が変わった私が、はちみつに感謝の気持ちを込めつつ、記事を執筆します。

それでは、さっそく見ていきましょう。

砂糖をはちみつで代用する必要はあるの?

砂糖をやめて、はちみつで代用する必要性は、あります。

はちみつでダイエットができて痩せるというのは正しい考え方です
はちみつでダイエットはできます。 但し、~すれば、痩せる!ダイエットできると考えるのは、あまりに短絡的であり、ご都合主義、商業主義です。 痩せるために、はちみつを食べるのではない! ここで皆さんに断っておきますが、痩せるために、は...

但し、砂糖は砂糖の良さがありますし、はちみつは、はちみつの良さがありますので、何でもかんでもはちみつで代用する必要はありません。

要は、ダイエットに効果的な部分だけ、はちみつで代用していくというスタンスで良いのです。

はちみつで代用していくべき部分

ここは断言しますが、砂糖をはちみつで代用すべきポジションは、「料理」ではなく、「デザート」です。

砂糖をはちみつで代用すべきは、「料理」ではなく、「デザート」の理由は、下記のとおりです。

参考までに、クックパッドの情報を貼ってみますね。

砂糖をはちみつで代用

はちみつ独特の風味や甘味の強さなどの問題からみなさん、砂糖をはちみつで代用するのに苦労していることが分かりますね。

しかし、はちみつで代用する必要はあるの?ってところがそもそも論として残ってるんですよね。

砂糖をやめてはちみつで代用したいと考える人は、大方、ダイエット目的かと思います。

しかし、砂糖もはちみつも糖質であり、血糖値を上げ、太る原因になり得ることは、まず心にとどめおくべきでしょう。

そこで注目したいのは、はちみつの強い甘味です。

その強い甘味を活かして、はちみつをデザートとして代用していくのがおすすめです。

私のスタンスとしては、はちみつは、甘味欲を抑えるストッパー的役割がベストと考えています。

砂糖をはちみつで代用するメリットは?

正確に言うと、甘いものが欲しいなと思った時、砂糖を使ったスイーツを食べるのではなく、はちみつで代用するということになります。

そして、そのメリットとして、次のステップの結果としてダイエット効果があるといえます。

  1. 砂糖を使ったスイーツを食べるのではなく、はちみつで代用する
  2. 甘いものの摂取量が減る
  3. 血糖値の上昇を抑える
  4. 太らなくなる
  5. ダイエット効果がある

砂糖を使ったスイーツを食べるのではなく、はちみつで代用する

はちみつで代用というと、砂糖ではなくはちみつで代用してお菓子作りをすると考える方もいるかもしれません。

しかし、そうではなく、はちみつをダイレクトに食べるのです。

ティースプーンで1~2杯程度目安に食後のデザートとして習慣づけます。

私の場合、食後のブラックコーヒーのお供として、はちみつを食べています。

甘いものの摂取量が減る

はちみつは強烈な甘さがあります。

それは砂糖と舐め比べてみればわかります。

また、良い意味で自然由来の独特の風味があり、ダイレクトに食べるのでも、デザートとして十分成立します。

よって、その後にさらにお菓子などを食べようという意欲を削ぐことができます。

もちろん、最初のうちは強い意志が必要ですが、そのうち苦も無くお菓子をやめることができるようになります。

血糖値の上昇を抑える

甘いものは例外なく糖質ですので、血糖値を上昇させます。

血糖値が上昇すると、太ります。

太らなくなる

しかし、その原因たる甘いものの摂取量をはちみつによって抑制することができるのだとしたら、それは即ち、肥満予防につながるというわけです。

ダイエット効果がある

私たちの食生活にはちみつを上手に取り入れることで、上記のようなフローを辿ることができるようになります。

その結果として、ダイエット効果が期待できるのです。

砂糖をはちみつで代用するデメリットは?

特にないですね。

というのも、砂糖もはちみつも糖質であり、血糖値を上げ、太る原因になり得るからです。

しかし、はちみつの強烈な甘味は満足感を高めますので、みなさんの心がけ次第では甘いものの摂取量を減らすこともできます。

砂糖をはちみつで代用したダイエット効果は?

私は5年で10キロ痩せました。

しかし、下記のような疑問が当然湧くかと思いますのでお答えします。

  • 5年って長くない?
  • 砂糖をはちみつで代用するだけでホントに痩せたの?

5年って長くない?

確かに長いです。

しかし、食べ物を通じてダイエットを目指すなら時間がかかることは甘受すべきです。

そしてだからこそ、継続しやすい方法を選ぶ必要があるわけです。

ぽっこりお腹が痩せるにはどうしたいいの?【結論:食事です】
ぽっこりお腹が痩せるにはどうしたいいの?…気になる人、多いみたいですね。 どうしても年齢を重ねると、お腹がぽっこりしてきます。 そして、我流で対策をしてみても、中々痩せない状況に困ってる人が多いのも事実です。 ぽっこりお腹はそ...

砂糖をはちみつで代用したダイエットは効果を実感するには時間がかかりますが、継続のしやすさに関しては右に出るものはありません。

砂糖をはちみつで代用するだけでホントに痩せたの?

「だけ」ではないです。

むしろ、砂糖をはちみつで代用するのは、枝葉に過ぎません。

食べ物を通じてダイエットを目指す場合、いくつかの要因が合わさり、積み重なって、効果が表れてきますが、基本的には、「食べる順番を守る」ことを主眼に考えていきましょう。

食べる順番としてタンパク質から摂取すれば痩せるのか?
食べる順番が注目されています。 その中でも、タンパク質をどのタイミングで摂取するのが良いのか、疑問に思っている人が多いようです。 そこで、下記の疑問に答えます。 食べる順番なんて意味ないのか? なぜ私は食べる...

砂糖をはちみつで代用する実践例は?

いきなりですが、私の朝食です。

砂糖をはちみつで代用

はちみつのポジションは上記写真のスプーンの部分です。

ここでは砂糖をはちみつで代用していく記事を書いていますが、所詮、はちみつを代用していく上での実践的な立ち位置を示すなら、この程度のものなのです。

だからといって、砂糖をはちみつで代用することを侮ってはいけませんよ。

食べ物を通じてダイエットを目指す場合、様々な要素が合体し、積み重なって、効果が表れてきますので、はちみつのポジションもわたしの食事の中では欠かすことのできない要素になっています。

なお、上記写真のうちヨーグルトについて気になった人は、下記の記事を読んでみてください。

食べる順番においてヨーグルトはダイエットに効果的なのか?
食べる順番においてヨーグルトは、ダイエットに効果的です。 その中でも、ダイエット効果を加速させるうえでヨーグルトの食べる順番について、下記の疑問に答えます。 1日のうちヨーグルトを食べるゴールデンタイムはいつ? 1...

どんなはちみつが良いの?

私はスーパーで売っている通常のはちみつを使用しています。

もちろん、上等なはちみつを試してみたいという思いもあります。

しかし、はちみつもピンキリなんですよね。

こだわればどこまででもお金をかけることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました