砂糖をはちみつで代用すると何かデメリットはあるのか?

砂糖をはちみつで代用したいけどデメリットはあるのか?と考えている人は多いです。

しかし、そもそも論ですが、なぜ砂糖をやめたいのか?なぜはちみつにしたいのか?

この点を自問する人は、少ないように思います。

なぜ砂糖はダメではちみつで代用する必要があるの?

砂糖をやめてはちみつで代用したいと考える人は、大方、ダイエット目的かと思います。

はちみつでダイエットができて痩せるというのは正しい考え方です
はちみつでダイエットはできます。 但し、~すれば、痩せる!ダイエットできると考えるのは、あまりに短絡的であり、ご都合主義、商業主義です。 痩せるために、はちみつを食べるのではない! ここで皆さんに断っておきますが、痩せるために、は...

しかし、砂糖もはちみつも糖質であり、血糖値を上げ、太る原因になリ得ることは、まず心にとどめおくべきでしょう。

そのうえで、デメリットとしては…特にないです。

しかし、私としては、砂糖もはちみつもお互いの領分を侵さない範囲で今までどおりの使用でよいと考えています。

私のスタンスとしては、はちみつは、甘味欲を抑えるストッパー的役割がベストと考えています。

そして、砂糖は砂糖の良さがありますし、砂糖は様々な食品に使われています。

ですので、砂糖を料理に使うのを避けた程度では、砂糖から逃れることはできません。

もし砂糖からはちみつにチェンジしたらどうなるか?

仮に、万障お繰り合わせの上、砂糖からはちみつにチェンジしたとします。

その効果は?

私たちの健康に特段の寄与があるのか?

そう問われると明確なデータは持ち合わせていませんが、たいして変わらないでしょう。

もう一度言いますが、砂糖は砂糖の良さがありますし、砂糖を使用している食品群から逃れるのは容易なことではありません。

よって、はちみつに代用しようと努力するのではなく、もっと別の取り組みに心血を注ぐべきだと思います。

砂糖をはちみつで代用しないなら何をすれば健康的なの?

私の場合、食べる順番に気を付ける、甘味欲と上手に付き合う。

このぐらいです。

はちみつは私の食生活には欠かすことができない戦友ですが、その量たるや、1日あたりティースプーン1~2杯の仲です。

これは持論ですが、食生活は、何か一辺倒になるのは、ダメです。

様々な食材を少しづつ、バランスよく取り入れ、自分の食に関する不健康な「欲」と上手に付き合うことこそ、基本戦略とすべきです。

ぽっこりお腹が痩せるにはどうしたいいの?【結論:食事です】
ぽっこりお腹が痩せるにはどうしたいいの?…気になる人、多いみたいですね。 どうしても年齢を重ねると、お腹がぽっこりしてきます。 そして、我流で対策をしてみても、中々痩せない状況に困ってる人が多いのも事実です。 ぽっこりお腹はそ...

はちみつはその点では、脇役であるし、砂糖の役回りを奪う必要もないと思います。

結局、砂糖をはちみつで代用すると何かデメリットはあるのか?という問いですが、別にデメリットはないと思います。

しかし、そこまでする必要もないし、効果もない。つまり、メリットもないということです。

何も変わらないんだったら、砂糖は砂糖、はちみつははちみつで、今までどおり楽しんではいかがですか?というのが私の回答です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました